ようこそ ゲスト さん

HOME -> 鎮花祭(はなしずめのまつり)(ちんかさい)

鎮花祭(はなしずめのまつり)(ちんかさい)

鎮花祭は「薬まつり」とも云われ、毎年4月18日に奈良県 大神神社と摂社狭井神社の両社で行われる祭典です。
これは「大宝律令」(701年)に国家の祭祀として行うことが定められています。
この時期は病気が起こりやすくなる季節で、全国の医療関係者や製薬業者が多数参列し、万人の無病息災が祈願されます。
約2万点にのぼる医薬品がお供えされ、奉納された医薬品は拝殿の御棚に所狭しと並べられます。

弊社 霜鳥研究所でも毎年「糾励根」を奉納させていただいております。

 薬祖神を祀る大神神社(おおみわじんじゃ)

大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を御祭神とし、大己貴神・少彦名神を祭祀する大神神社は、三輪山全体を御神体とする古代信仰を今日まで伝えています。
摂社の一つである磐座神社には少彦名神が、狭井神社には大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)(三輪の神様の荒魂)が祀られております。

 病気の神様 狭井神社(さいじんじゃ)

大神神社の荒魂を祀る狭井神社は古くから「華鎮社」(けちんしゃ)・「花鎮社」(はなしずめのやしろ)・「花鎮宮」(はなしずめのみや)と呼ばれ、病気平癒の神様として厚い信仰を集めています。
「狭井」とは「爽やかな真清水」と云う意味があり、遠近よりここの霊水を受けにくる人で賑わいます。
狭井神社は病気平癒の神様として厚く信仰されてきました。境内の「くすり道」と呼ばれる狭井人者への参道には、薬業関係者が奉納した薬草や薬木が植えられており、企業名が記された献灯がずらりと並んでいます。 狭井神社の拝殿脇には、御神水の湧き出る「薬井戸」があります。
霊験あらたかな「くすり水」として知られる湧き水が自由に飲めるようになっています。

ご注文・お問い合わせcontact

フリーダイアル0120-264-986(※通話無料)
営業時間 9:00~17:30(日曜・祭日を除く)
お問い合わせフォーム
当サイトはSSLにより情報を暗号化して
通信してします。安心してご利用ください。