本文へスキップ

腰痛などの治療薬 糾励根、体重管理やダイエットに人気の酵素玄米ごはん もちっと玄米を通販しております。

TEL0120-264986携帯電話からは03-3971-2601

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-3 キウレイコンビル8F

霜鳥研究所について

生薬へのこだわり

 弊社は創業者の霜鳥信明が皇漢医であった祖父から伝わった漢方薬や生薬の知識を基に「外用塗布薬 糾励根」を開発し、その後も「霜鳥胃腸薬」、「生薬入浴剤 智光」、「生薬入浴剤 四季」など、生薬を使用した商品を開発してまいりました。健康は自然にあるとの考えより生薬を研究し、製品造りに反映させております。 糾励根創業者 霜鳥信明 
創業者 霜鳥信明

創業者の主義

大正時代に「糾励根」(キュウレイコン)を開発した霜鳥信明は、普及させるために自ら全国行脚をし、糾励根の効果を伝えました。その足は樺太、満州(当時の地名)、台湾にまで及びました。
薬の普及に広告などの宣伝を利用しなかったのは、「広告を利用すると薬の効果が正しく伝わらず、実際に使用するのが何よりの宣伝である。」との創業者の主義によるためです。

また、「人喜ばせ、我喜ぶ」という創業者の言葉からも、病に苦しむ人に糾励根を貼ってあげたいという考えが、自ら全国各地に出向いていった理由でもあるのでしょう。 
 昭和29年5月 糾励根本舗落成記念
昭和29年5月
糾励根本舗 落成記念にて

糾励根開発〜昭和から平成へ

 人の身体はで食べたものから成り立っております。これは身体の臓器、組織、細胞全てが飲食により得られたものからできているのです。しかし、食べた物もしっかり消化、吸収されないと意味がありません。糾励根に続き販売した「霜鳥胃腸薬」はまさにその考えから開発されました。
その後も生薬を風呂に入れた漢方薬湯を開発し、全国に智光薬湯施設を展開しました。当時は漢方生薬が入った温浴施設は珍しく、智光薬湯には健康にお悩みをお持ちの方が多くご来場されました。後に家庭用の生薬入浴剤も販売し、ご家庭でも簡単に漢方薬湯をご利用いただけるようになりました。

近年では食品の開発、販売も行っており、伝統製法の「糾励根本舗 梅肉エキス」や、酵素玄米レトルトごはんの「もちっと玄米」も販売しております。


 糾励根物語
こちらをクリックしていただくと糾励根の開発者や
開発の経緯などをご案内したページへ移ります。

戻る

shop info店舗情報

株式会社 霜鳥研究所

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-47-3
 キウレイコンビル8F
TEL.03-3971-2601
FAX.03-3984-6756